« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

オーディオ(かなり)完成!

もう半年近く作業しているプントへのオーディオインストール作業ですが、なんとか形になりました(゚∀゚)!

D1100307
グリルの枠をミッドレンジのバッフルへボンドで貼り付けています。重石にポリパテの缶を置いてます。

D1100308
ツイータベースに革を貼りました。形が複雑なんで結構困難・・・

D1100311
D1100312
D1100314
ツイータを取り付けて、ドアに装着しました!
#もう周囲が暗くなってしまってますが・・・
ダッシュボードと近似色のチャコールグレー色の革を探したこともあって、意外に違和感無く装着出来ていると思います(゚∀゚)あまりに違和感無いので、知らない人が見たら純正と思われるかも?

D1100313
かなり暗いですが、運転席側のミッドレンジのアウターバッフルにもグリルが着きました。今回、試行錯誤したせいで継ぎはぎだったスピーカケーブルも改めて引きなおしたこともあって、だいぶスッキリ状態です。

出来てみての雑感ですが・・・

・デザインはだいぶ大人しいかな?
 ・ミッドレンジを若干自分側に向けたスラント状にしてもよかったかな?
 ・チャコールグレー&ブラックと色のコントラストがほとんどない配色で純正チック
・音はそこそこ満足
 ・結構フロント定位感は出ていると思う
 ・ヘッドユニット内蔵アンプで鳴らしているにしては音は出ていると思う
 ・“にしては”なので、やはり外部アンプの音と聞き比べると実際パンチに欠けるかも?

サブウーハーを足すことも考えましたが、バッフルボードも結構ちゃんと出来てる思うので、次回の課題として外部アンプを足してみようかな?って感じです。車内を狭くしたくないので、フロントシートの下辺りに4チャンネルのアンプを設置したいなぁ・・・小型で良いアンプってどんなのがいいんだろう?

あと、表題の“(かなり)”ですが、ドアポケットからのラインを延長した化粧パネルをさらに装着しようと画策してたのがまだ実現できていないためで、これが出来ていないので完全に完成ではありません・・・(⊃д`)なんとかせねば!

<おまけ>
座間某所にGT-Rが来てました。

D1100309
D1100310
カッコイイとは思いますが・・・めちゃめちゃでかく感じます(;´д`)リアから見るとすっごい分厚い・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

熊プンさん迎撃

長崎へ転勤している間たいへんお世話になった、同じプント乗りで熊本に在住の熊プンさんが東京にいらっしゃったと言うことで迎撃してきました。

今回は土日がフリーと言うことで、土曜の夜は呑み。日曜の飛行機の時間まではFIAT専門ショップのA.TRUCCOさんへ行ってきました。

D1100315
#写真が逆光に・・・(´・ω・`)

飛行機の時間もあるし、渋滞に巻き込まれるのは怖いので、朝イチで出撃。10時頃に到着しました。こちらのお店は自分も転勤する前以来なので、2年以上ぶり。ニューチンクチェントが入ったってことで楽しみにして行ったのですが、残念ながら連れ出されていて見る事ができませんでした(´・ω・`)。その代わり?Dobloのお客さんがいらっしゃってました。超レアですねー日本ではほとんど見れないと思います。はじめカングーだと思ってまったく気づきませんでした・・・(;´∀`)

ランチを・・・と、どうしようかと思ったのですが、埼玉はほとんど知らないので、自分が行ってみたかったラーメン屋さんに行くことに(;´д`)

川口のTRUCCOさんからは少し離れていますが、北区の中華そば屋伊藤へ~

メニューは“そば”、“肉そば”しかありません。オプションも“大盛り”、“スープ増し”???のみ。サイドメニューもなし。今回は“肉そば”を注文しました。

D1100316

トッピングはチャーシューとネギのみ!?・・・まずはスープを。かなり魚が強いです。ですが臭さはまったく無く、いい香りが口の中に広がります(゚∀゚)中華そばですが、しょうゆっぽさも強くないです。麺をすすると・・・固ゆででイイ食感です。噛むと小麦粉の香りがこれまた広がります。スープの魚の香りと麺の香りが交互に襲ってくる感じで、気が付いたらどんぶりの中身が無くなっていました(;´∀`)

見た感じスープが少ないですね。相当スープにコストを掛けているのでしょうか?それなら“スープ増し”オプションもうなづけるような気がします。一同満足してお店を出ました。食べる前までは、「観光や買い物するようなところもない住宅地、もうまた来ることはないなぁ・・・」とか言ってたのですがまた来てもいいかも(;;´∀`)

その後羽田空港までドライブ~3連休の最終日の夕方前なので道路はまったく混雑ありませんでした。

>熊プンさん
また東京にいらっしゃるときはご連絡ください~!

中華そば屋 伊藤
東京都北区豊島4-5-3
03-3913-2477

大きな地図で見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グリル作成&ツイータ着手

寒いですねーオーディオ作成作業もつらくなってきました(´・ω・`)

今回は放置状態だったツイータマウントに手を付け出したのと、ミッドレンジのグリルを作成しました。

D1100304
D1100303
純正のマウントを元に、切り取ったりパテを盛ったりして作成しています。今回はなんとか形になるように削りまくりました(;´д`)。ドアに装着するとこんな感じです。一番目に付くところなんで気が抜けないですね。革を貼るためにはもっと角を落とさないと~

D1100305
陽が落ちて暗くなってしまい、革を貼れなくなっちゃいました(´・ω・`)。次回に期待です。うまく貼れるかなぁ・・・?

D1100306
こちらはミッドレンジのグリルです。薄いMDFをサークルカッターで切り出して、重ねて接着、整形しました。革を貼って、ミッドレンジのアウターバッフルへ接着。ブラックとチャコールグレーではあまりコントラストがないんで微妙かなぁ?アルミパンチングのグリルは塗装するかこのままにするか検討中です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ScanGaugeII

先日、追加メータとしてScanGaugeIIを導入~って書きましたが、追加メータである“GAUGE”機能についていくつか見てみました。

[使用できる項目]
ScanGaugeIIをGAUGEモードにすると4つパラメータが表示されます。それぞれに割り振られているボタンを押すと、割り振られるパラメータが変わります。こんな感じで変わりました。

RPM :回転数
 ↓
VLT :電圧
 ↓
KPH :時速(km/h)
 ↓
CWT :水温(degC)
 ↓
TPS :スロットルポジションセッティング
 ↓
CPK :Cost/km? 
 ↓
IA :インテークエア温度 ×
 ↓
FPR :Fuel Pressure ×
 ↓
LPH :燃費(Litters/h)
 ↓
IGN :イグニッションタイミング
 ↓
LOD :Engine Loading
 ↓
LP :Fuel system loop status
 ↓
MAP :Manifold Absolute Pressure ×
 ↓
LHK : 燃費(Litters/100km) 

そのうち、表示されなかったのが
 IA :インテークエア温度
 FPR :Fuel Pressure
 MAP :Manifold Absolute Pressure

値が“9999”と表示されてしまうのが
 CPK :Cost/km?
 LHK : 燃費(Litters/100km)
これは設定が足りなかったり、ガソリンの値段とか入力してないからかなぁ?

そのうち使えそうなのは・・・やはり電圧計(VLT)と水温(CWT)くらいかなぁ?(´・ω・`)

以前、ScanGaugeについて書いたときに、Defi Link Displayを付けている方に+20km/hの誤差があるとコメントを頂きました。ということもあって車両純正のメータ(スピードメータ、タコメータ)について比べてみました。

<タコメータ>
ScanGaugeの示す値と純正のメータではほぼ同じ値でした。

<スピードメータ>
ScanGaugeの方が6~7%ほど低く表示されました。↓こんな感じです。どっちがホントなのかなぁ?近いうちにGPSを使った値と比べてみたいと思います(←の方が正確っぽいし)。
Scangauge_speed


| | コメント (2) | トラックバック (0)

nav-u NV-U1 オービスデータインポート

ナビには地点を登録する機能がありますが、NV-U1にも地点登録(マーク)の機能がついています。以前使っていたナビよりインポートしたかったのですが、取り外す前にバックアップを取ることを忘れていました・・・orz。なんかインポートしてみたかったので、オービスデータをインポートしてみることにしました。

データはこちらより頂きました。NV-U1用も提供されています。

付属のPCリンクソフトを用いてインポートしますが、こちらはマニュアルが付いているので割愛させてください。

オービスデータは、500ポイント以上あるのですが、残念ながらNV-U1のマークは最大500件までしか登録できません。自分は関東に住んでいるので、車で行くことはなかなかないであろう遠くの地域データはインポートしないで収めました。オービスデータ以外のマークも登録していくとになりますが、その個数との兼ね合いになりますね。

マークのアイコンはいくつか選べます。ダウンロードしたオービスデータに設定されているアイコンは“一眼レフカメラ”のようなアイコンなのですが、NV-U1には“道路脇に設置してあるようなカメラ”のアイコンがあるのでそれに変更してみました。

D1100293
こんな感じです。このマークから300m以内に接近するとチャイムが鳴ります。

方法ですが、非常に簡単です。PCリンクソフトからも変更できますが、まとめて変更は出来なさそうです。なので、オービスデータをテキストエディタで開いて置換してしまいます。

Navu
“<comment>0,61</comment>”な文字列を“<comment>0,24</comment>”に置き換えてしまえばOKです。自分はWindowsのメモ帳を使って置換しました。

ポータブルナビは、本体を外して自由に持ち歩けるのでPCに繋いだりするのも手軽ですね。以前使っていたHDDナビから地点データをサルベージしてインポートしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助手席側革貼り&蓋張替え

小雨が降ったり止んだりするなかまたもや作業しました。冬までには完成するのか?!

天気がイマイチだったこともあり・・・先日、ミッドレンジのアウターバッフルに革を施工しましたが、革の色は黒でした。まぁ色的に合わないことはないのですが・・・プントのドアポケットやダッシュボードはチャコールグレーなので、近い色を求めてカーオーディオショップへ。近い色の半端な生地を安く譲っていただきました(゚∀゚)

D1100289
ナビ取り付け用のダッシュボードの蓋を張り替えてみます。先に貼った革を剥がすと糊が残って面倒なので、上から貼っちゃいます(゚∀゚)

D1100290
D1100291
やはり完全に同じ色になるわけがなく・・・でも以前よりはかなり違和感は少ないと思ってます。今回買ってきた革は、ダッシュボードなどの内装色に比べると若干赤みが強いのかな?

D1100287
そしてアウターバッフル。革は運転席と同じ黒を使用します。先週写真に撮れなかったぶんです(;´д`)。こんな感じで生地のすそを引っ張ってしわが出ないように貼っていきます。

D1100288
接着剤だけで留まれば問題ないのですが・・・かなり引っ張ってしわを取っているので、接着剤が乾くまで固定していられません。タッカー(ホチキス)でガシガシと留めちゃいます。

D1100292
遅い時間に撮ったのでちょっと暗いですが・・・こんな感じになりました。あとは保護のグリルと化粧パネルを作成しなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビ装着 - ソニー nav-u NV-U1

ダッシュボードの蓋は、このために作成していました。

プントのダッシュボードは用途不明の小物入れが多く、なにやら転がしておくのにはよいのですが、オンダッシュのデバイスを装着するには不向きです。今回、導入したナビゲーションも吸盤でダッシュボードに固定するタイプなのですが、装着できませんでした・・・

以前、使用していたナビは、パイオニアのHDDタイプでハードディスクを用いたナビの最初のモデルでした。これはAV機能と一体となっており、ナビの音声発生時に自動的にオーディオの音声が抑えられたり、リモコンが1つで済んだりと、オーディオとナビがシームレスに使えるんで非常に気に入ってたのですが、オーディオ周りを充実させたいので、オーディオ重視のヘッドユニットを入れたため、取り外してしまいました。

しかし・・・もうナビに頼り切った運転スタイルの自分は、もうナビ無しでは生きられない身体になっています。かといって、オンダッシュのHDDナビやDVDナビを新たに入れるには経済的にも厳しいんで、手軽で最近流行りのPND(Personal Navigation Device)を導入してみることにしました。

PNDは、地図データは内蔵や外部のフラッシュメモリに格納してあり、カーナビゲーションと比べると小さめ(4インチ前後)の液晶表示デバイス、タッチパネルの入力デバイス、GPSアンテナを組み合わせた装置です。Windows MobileのPDAベースに作られているものが多く、手でも持ち歩けるものが多いです。メモリーナビとも言われてます。

選択肢は・・・いろいろあったのですが、

ソニー NAV-U NV-U1 :電波/光VICSビーコンがオプションで付けられる。加速度、高度補助センサ付き
サンヨー ミニゴリラ NV-SD200DT :PNDの王道、人気機種。ワンセグ要らない。GPSのみはなぁ・・・
クラリオン DrivTrax P5 :マイタックのOEM?にインクリメントPの地図を載せたもの?GPSのみはなぁ・・・
Broadzone 迷WAN BZN-300 :GPSのみはなぁ・・・
PONTUS :GPSのみはなぁ・・・
マイタック mio C323 :GPSのみはなぁ・・・
・Garmin nuvi360 :コンパクトなのが魅力的。シンプルなのもよい。GPSのみはなぁ・・・
ユピテル YERA SCN-20RD :レーダー探知機とナビがシームレスで使えるんで、車内がごちゃごちゃしない。GPSのみはなぁ・・・
COMTEC Luxion NR5000 :同上

“GPSのみはなぁ・・・”から解るように、自分の求めているのは“渋滞情報が取れる”、“自律航法が付いている”のようで、それが最大の決め手になってNV-U1になりました。渋滞情報が見れるのは運転の参考になりますし、簡易的とはいえ自律航法が付いていて高架橋の下やトンネルでフリーズ状態にならないって機能は自分的には欠かす事が出来ないようです。

使用した感想ですが・・・

なかなか使えるレベルです。地図スクロールも早いですし、そこそこルート探索時間も早いです。配線も超カンタン。電源コードのみです。HDDナビを取り付けたときは、ものすごい配線の量でした。

ただし下記の点が気になります。

・ルート案内 - 最短ルートを通そうとしてしまう。なるべく駅の近くなどは避けて幹線道路を選んでほしい。
・渋滞考慮リルート - 渋滞情報を取得してリルートするが、勝手にリルートしてしまって、元のルートと選択する権限がない。また、積極的に有料道路(高速道路)から降ろして、また別のICから乗せるのはやめてほしい。
・交差点追従性 - 加速度センサが付いているので、GPSの信号を失ってもある程度走りますが、それがあだとなって交差点の追従性が悪いような気がします(曲がってもすぐについてこない)。これがジャイロ(角度も判る)だったらそういうこともないのかなー?と。
・データ検索が遅い - 検索データはメモリスティックDuoに置くのですが、全国の詳細版(約1GB)だとかなり時間が掛かってしまいます。

とは書いていますが、コスト以上の動きはしていると思います。完璧なナビを求めない-ナビを補助的に使える人なら十分満足できます。と言うのも値段は6倍くらい違いますが、6~7年前のHDDナビは位置精度、検索速度的にまだ超えていない感じです。

取り付けですが・・・NV-U1は、メーカー指定の方法だと吸盤でしか付けられません。両面テープで留めるステーなどの選択肢がありません。プントはダッシュボードはモノ入れだらけで吸盤で付けるようなところはないので、モノ入れの蓋とステーを自作しました。

D1100276
0.5mm厚のアルミ板を東急ハンズで切ってもらいました。クランプを使って90度曲げて、本来ならクレードルと吸盤アームの角度を調整するスクリューを使って、自作アルミステーに固定できるようにしました。

D1100277
アルミステー、先日作った台座、蓋とクレードルを組み合わせるとこのようになります。

D1100279
MDF、ポリパテ、アルミなど素材むき出しもなんなので、余った革を貼り付けました。アルミステー、台座、蓋を皿ビスで取り付けて完成です(゚∀゚)!

D1100280
D1100281
D1100282
プントへ取り付けるとこんな感じです。まぁ後付け感たっぷりなのは仕方ないですね・・・。電源コードの処理をどうするかが課題です。このままちょっと這わせた状態にするか、ダッシュボードに穴を開けて見えにくくするか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (1)

革貼り

先日、長崎でガソリン(ハイオク)が159円でびっくり! って書いたんですけど、神奈川でも軒並み160円を超えてますね・・・どこまで値上がりするんだろうorz

・・・暗くなる話は置いといて、オーディオいじりも佳境!(゚∀゚)。。。(でもまだまだやることいっぱいで終わりませんが)

ミッドレンジのアウターバッフルに革貼りを行いました。

D1100278
水濡れ対策にニスを吹いときました。材料はMDFを使ってるんですが、水が浸み込むとふにゃふにゃになって膨れてしまいます。

D1100283
D1100284
いよいよ革貼りです。貼るモノの大きさ丁度に革を切ると、ひっぱりシロ(つかむ部分)が無くなってしまうので、革は大きめに切っておきます。ボンド(G17のスプレータイプ)をスプレーしました。だまにならないようにスプレーするのは緊張します。半乾きになったら貼り付け開始です。

しわにならないように革を引っ張って貼り付けます。材料を動かないようにして革を引っ張るので、ちょっと一人だと困難ですね。本日は3人居たので(゚∀゚)楽にひっぱれました。でも引っ張る方向を誤ると、しわが寄ってしまうため、その戦略が難しいです。これは何回か経験しないと厳しいかも・・・。
#大変だったので画像なし・・・

注意点は下記
・ボンドに注意 - 作業中に革の表面に付着すると汚れてしまうし取れません・・・手や周辺に注意
・革を引っ張る方向 - しわを寄らせないように攻略法を考えてから引っ張りましょう
・エッジ - 貼る対象物はなるべくエッジを丸めておいたほうがいいです。今回パテが割れて異物になって革の下に残ってしまいました。
・コーキング剤 - G17ボンドがくっつきません。今回、ドアとバッフルの取り付け面をフラットにするためにコーキング剤を塗りましたが、これは粘度の低いパテなどにしておいたほうがよいかも?もしくは革を貼った後に施工するか。

裏面の余分な革をタッカー(ホチキス)で留めて、余分な革をカット。意外と時間が掛かります・・・(;´д`)

D1100285
車に取り付けるとこんな感じです。イイ(・∀・)!

かなり形になってきて、作った!っていう実感が沸きますね。でもまだ完成ではありません。スピーカ保護のグリル、ドアポケットのラインに合わせた化粧パネル、ツイータベースも作らねば・・・

スピーカ取り付け部は表面の革と一枚張りは難しいと思って、以前にグレーの革を貼っておいたのですが、どうも一枚張りできそうなので黒一色で貼ってしまいました。以前の作業(まる1日)が無駄になってしまいましたけど、まぁカットアンドトライなんで仕方ないですね。

次回は反対側(助手席側)に挑戦します~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »