« 宮崎オフ その2 | トップページ | オイル交換&エアコン添加剤 »

BMC CDA

マフラーを交換したときからずっとエアクリーナーも交換しようと思ってたのですがやっと実現しました!

純正交換タイプで吸気効率アップを狙うのもいいですが、エンジンルームをにぎやかにしたいのもあってダイレクトタイプは外せないです。しかしダイレクトタイプは低速トルクが細ってしまうとの話をよく聞くので躊躇していたのですが、これをバッチリ解決してくれそうなのがBMCのCDA(Carbon Dynamic Airbox)でした。ボックス形状でエンジンルーム内の熱の影響を受けにくく、ボックスの中にあるフィンで空気に渦を巻かせながら吸い込むとのこと。後者はなんか意味あるのかなぁ・・・?そんなことよりも僕の心を最も捕まえたのはカーボンの箱です(;´∀`)。

メーカー指定のプントHGTへの取り付け方法は、純正のボックスとの入れ替え、純正のサクションパイプを流用でした。これでは純正と全く見た目が変わらない!僕の自己満足&プラシーボ効果も薄れてしまうわけで、サクションパイプも交換することにしました。CDA、意外と大きいのですがフロントコアサポートとバッテリーの間の隙間に何とか収まりそうなのでイケル!と思ったのと、某ショップオリジナルのダイレクトエアクリーナーのsamcoのシリコンホースのブルー色に惹かれた&先日ペイントしたエンジンヘッドカバーと色合い的にもイケル!と考えこの構成に決定しました。CDAおよび部材の調達は以前ホイール/タイヤでお世話になったRECKLESSさんにお願いして揃えていただきました。ありがとうございました!>RECKLESSさん

P1010305
純正クリーナーボックスを外すには、バッテリーケースを外さなければなりません。これでECUの学習初期化になるかな~?<ってプントってそんな機能付いてるんでしょうか?

P1010307
取り回しはこんな感じです。。ボンネットやラジエータの配管と干渉しそうであーではないこーではないと結構悩みました。

P1010309
ココが一番苦労した点。車体からの吊り下げです。純正クリーナーボックスを支えているステーの取り付け部を利用して汎用ステーで吊り下げました。ココをがっちり留めてしまうとエンジンの揺れを吸収する部分が無くなってしまいます。案の定、エンジンを掛けた瞬間かなりエンジンが揺れることを確認しました。このまま使っているとどこかにそのしわ寄せが来る可能性ありです・・・しばらく様子を見る&増し締めで対応しようと思います。先日ご自身でダイレクトエアクリーナーを取り付けたbeansさんはステーの取り付け部分にゴムのクッションを入れて揺れを逃がしてるようです。一方、ワンオフ作成のダイレクトエアクリーナーを取り付けてらっしゃるYPKさんのプントを見ると、エンジンブロックから釣ることでエンジンと一緒に揺れる構造にして解決していました。ちなみに純正エアクリーナーはサクションパイプが蛇腹の構造をしていてそこで揺れを吸収してるようです。

P1010311
P1010312
エンジンヘッドカバーの色とsamcoブルーのホースでだいぶにぎやかになりました。期待した効果ですが・・・毎日の通勤路を同じように走ってみた感じでは、全速度域でトルクアップした印象です。しかし一部、車庫入れなどアイドリングに近い極々低速域では若干トルクがダウンした印象も受けました。純正のエアクリーナーボックスにあったレゾネーターが無くなってしまったからでしょうか?このくらいまで回転が落ちるステージは車庫入れくらいしかないので、慣れで解決できると思います。それ以外では性能、見た目ともかなり満足しています(・∀・)。

残件は、同梱されていたアルミ蛇腹のダクトパイプの取り付けです。以前、フロントバンパーのダミーダクトを穴あけ加工した部分まで引き回したいと思っていますが、CDAの取り付け位置的に付けられるか微妙です。時間が出来たらバンパー外して合わせながら検討したいです。

|

« 宮崎オフ その2 | トップページ | オイル交換&エアコン添加剤 »

コメント

青いホースが長いのも鮮やかでかなりイイですね〜♪
まさかCDAにいくとは予想外?でした(笑)
僕のまでご紹介いただき恐縮ですがその後ウチのは
ステー部のゴムブッシュを更に厚く…というか純正ブッシュ
そのまんまのカタチを流用しましてゴムブッシュ穴に通すボルトは
袋ナットで下側を固定締めするだけでゴム部の弾力が僅かに残る様に
遊びを残しておくだけでホース部分と相まって
振動吸収も上手く修まりました。

因にプントも一応ECUの学習機能が付いているそうです。
詳しい方法を聞くのを忘れてしまいましたがバッテリーを
外すだけでは初期化とはいかず別にリセット法がある様でしたが(^ ^;

投稿: beans | 2005/07/21 12:46

>beansさん
エンジンの揺れ、吸収してそうですか~!本文の方、あとで修正しておきます~~。僕の方は取り付け部分をがっちり締めてあるんですが、beansさんのと違ってエルボー部分が2つともシリコンホースなのでこれだけで揺れを吸収してそうな感じです。しばらく様子見ます。
ちなみに・・・YPKさんのを宮崎で見たときには、振動で溶接部分にクラックが入っていて外れてしまいそうでした(;´д`)。この方法も恒久的ではないですねぇ。

ECUリセット、バッテリー外しだけではダメですか~。今度ディーラーへ行ったら聞いてみたいと思います。

投稿: あらどん | 2005/07/21 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36409/5073895

この記事へのトラックバック一覧です: BMC CDA:

« 宮崎オフ その2 | トップページ | オイル交換&エアコン添加剤 »