« 九州のナゾ・・・天ぷら | トップページ | スタッドボルト取り付け »

ぶるぶる

僕のプント、高速走行すると微振動が発生して((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルの実体験状態になります。ある意味僕のプントもブルブルぷんと!です・・・(;´д`)

スピードを上げていくとハンドルがガクガクと小刻みにとられ、ある速度域以上では車体全体がブルブルと振られます。以前、「スペーサーのおかげ・・・」と書いたのですが、実は犯人はホイールでした。ホイールのハブ径が微妙に大きいようで、ホイールセンターが出ないと言う症状です。

ホイール/タイヤを購入したショップさんのご厚意でスタッドボルトとナットを改善策として出していただきました。今週末取り付けてみようと思っています。

DSC00597.jpg

日本車は、車体のハブ側からボルトが出ていて、ナットを均等の力で締めることでホイールのセンターを出す構造になっていますが、欧州車は逆で、車体ハブ側にナットに相当する穴が開いていて、ボルトを使ってホイールを固定します。ホイールのセンターは、車体側ハブに付いているリング状のモノを、ホイールにはめ込むことでセンターを出します。ココがぴったり合わない=ガタがあるとセンターが出せないです。今回、スタッドボルトを車体側に打ち込むことで日本車と同様の構造にしようと言う画策です。

ですが・・・ナットを均等に締めこむことでセンターを出す日本車においても、ホイールセンターをきちんと出すためにハブリングを取り付けるってコトを巷で行われています。僕としては、今回のスタッドボルト立てが改善策になるか微妙と思っています。やはりきちんとセンターを出すためには、車体とホイールのハブがぴったり合わないとダメなんじゃないかなぁ・・・?

|

« 九州のナゾ・・・天ぷら | トップページ | スタッドボルト取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36409/1233678

この記事へのトラックバック一覧です: ぶるぶる:

« 九州のナゾ・・・天ぷら | トップページ | スタッドボルト取り付け »